あらゆる食品の製造から流通をトータルに担う企業グループ

中部食品株式会社は、「食」を通じて、健康的な食生活、食文化の創造に寄与することを経営理念として、
流通、加工機能の整備はもとより、関連会社間、メーカー、小売業との
情報ネットワークを活かすことのできる企業体質づくりに努めております。
商品開発から販売企画、物流までのトータルで「食」を考え、サービスを提供する総合食品企業として
「日々新進」「健康」をモットーに努めて参ります。

詳細はこちら

会社概要

会社概要

商号 中部食品株式会社
本社 〒400-8566 山梨県甲府市国母6丁目2-38
TEL:055-228-4111 FAX:055-231-2333
市場 〒400-0043 山梨県甲府市国母6丁目6-7
TEL:055-228-4222 FAX:055-228-6610
大里センター 〒400-0053 山梨県甲府市大里町1001
TEL:055-243-4512 FAX:055-220-2310
昭和センター 〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町築地新居751-8
TEL:055-268-6500 FAX:055-268-6501
創業 大正12年3月
資本金 9,525万円
売上高 85億円 (関連企業含む)
事業内容 食品卸売業 酒類卸売業 冷蔵倉庫業 不動産賃貸業 貨物運送業 食品加工業
従業員数 420名 (関連企業含む)
主要取引先銀行 山梨中央銀行 みずほ銀行
販売先 スーパー コンビニエンスストア 外食店 食品小売店 ホテル ドラッグストア レストラン 等

組織図

中部食品グループ組織図

沿革

大正12年 創業者有野耕策、甲府市錦町に海産物卸業、有野商店創立
昭和25年 有野水産株式会社に改組 甲府市八日町に移転
昭和44年 甲府市山田町にドライ食品部門の第二営業部を開設
昭和46年 富士吉田市下吉田に営業所を開設、営業冷蔵庫、食品倉庫完成
昭和47年 有野水産株式会社第二営業部を分離独立し、中部食品株式会社設立
昭和48年 中部食品株式会社の営業開始
甲府市中央卸売市場団地に市場店開設
食品配送センターの完成に伴い、本社を甲府市国母6丁目に移転
昭和49年 本社社屋 (有野ビル) 完成
営業冷蔵倉庫 (収容能力4,000t) の完成に伴い、冷蔵部開設
昭和50年 有野流通産業株式会社を合併
本社地内に第二食品物流センター完成
昭和51年 資本金を7,525万円に増資
昭和52年 日配食品の加工製造部門としてニホン日配食品株式会社設立
昭和53年 チルド・日配食品の販売部門としてバックセンター株式会社設立
昭和55年 都留市にマルイチ富士食品株式会社を設立
昭和56年 本社地内に鮮魚センター完成
昭和58年 冷凍食品の営業部門として冷菓冷食部を設置
昭和60年 資本金を9,525万円に増資
ボランタリーチェーンの山梨食品小売協同組合(メイプルチェーン)の設立に参加
平成元年 惣菜製造部門の中部デリカ株式会社設立
富士水産株式会社の営業を譲り受け、当社鮮魚部門を移管
ニホン日配食品株式会社が協同組合甲府給食センターの事業継承に伴い、中食フーズサプライ株式会社に商号変更
平成2年 富士吉田営業所の移転に伴い、マルイチ富士食品株式会社を吸収し、南都留郡西桂町に富士営業所を新築開設
平成3年 甲府市大里町に中部デリカ㈱の惣菜工場及び食品配送センター完成
平成5年 一般貨物自動車運送事業許可 運送事業の開始
甲府市中央卸売市場団地に低温加工物流センター開設
パックセンター株式会社を中部フレッシュパックに商号変更
平成6年 甲府市大里町に弁当・給食部門の中食フーズサプライ株式会社の事務所・工場完成
中部デリカ株式会社の調理パン工場増設
平成9年 中食フーズサプライ株式会社が甲府市教育委員会より中学校給食業務の委託
平成10年 山梨県学校給食協同組合の設立に参加
平成11年 本社地内に加工食品・酒類の共配センター完成
平成12年 酒類販売業免許取得、酒類の販売開始
平成14年 業務用食材・包材の物流拠点を本社から大里センターへ移動
平成15年 野菜の販売部門を設立
平成18年 業務用食材・包材の新潟地域への配送開始
国母冷蔵庫の冷蔵設備を増設
平成20年 流通加工センターの開設
平成21年 中部デリカ株式会社の食品製造事業を中食フーズサプライ株式会社へ移管。給食・米飯製造とサラダ・惣菜・サンドイッチ製造の2工場体制とした
平成22年 中部フレッシュパック株式会社の事業を中部食品株式会社へ移管、チルドセンターとして低温物流機能を拡充
平成25年 菓子・雑貨の配送センター開設
平成28年 流通事業の拡大に伴い、中巨摩郡昭和町に野菜センター及び低温物流センターを開設
平成31年 営業冷蔵倉庫の全面改修及び増築